2012年11月14日水曜日

connpassがTwitter Cardsに対応しました!

connpassが「Twitter Cards」に対応いたしました。これによって、connpassのイベントページのURLをツイートすると、Twitterの公式サイトや公式アプリなどでは、イベントのサムネイル画像やイベント概要などが表示されるようになりました。

Twitter公式サイトでの表示

iPhoneのTwitter公式アプリでの表示

AndroidでのTwitter公式アプリでの表示

そもそも「Twitter Cards」って何でしょう?

「Twitter Cards」とは、Twitterが6月から開始した仕組みで、対応しているURLをツイートすることにより、前述したような画像、概要などがツイートに追加される機能です。

現状ではTwitterの公式サイトと、公式クライアントアプリ(PC/スマートフォン)のみが表示対応していますが、Twitter社としては一貫性のあるツイート表示を重要視しているようで、今後サードパーティ製のクライアントに対しても「Twitter Cards」対応を要求していくものと思われます。

開発者向け「Twitter Cards」情報: Twitter Cards | Twitter Developers
開発者向けオフィシャルブログ:Delivering a consistent Twitter experience

それで何が嬉しいの?

connpassのイベントに関するツイートが「Twitter Cards」に対応したことによって、何かいいことがあるんでしょうか?

connpassでは、主催者がイベントを公開する時、またはイベント告知機能を使ってイベント告知する時、参加者がイベントに参加登録する時、誰かがイベントのフィードにコメントを投稿する時に、イベントURLと共にTwitterに投稿することができます。

主催者の皆さんにとっては、イベントに関するツイートにおいて、140文字では伝えきれなかった詳細な情報が「Twitter Cards」情報として追加されることにより、Twitterを利用したイベントプロモートが、より効果的になったと言えるでしょう。

イベントの存在に気付かなかったTwitterユーザーや、参加を迷っているようなユーザーなど、ツイート内のリンクを開くことに抵抗感や手間を感じていた人にとっては、Twitter上で簡単にイベントの内容を知ることができるのは、多少なりともイベント参加へのハードルを下げてくれるのではないでしょうか。

ついでですが

「Twitter Cards」に表示される画像は、connpassに登録された画像をTwitter側で正方形に切り取ったものが表示されています。そのため、connpassでイベントを作成する際には、イベント画像を登録した方がconnpass内だけでなく「Twitter Cards」やFacebookに表示される際にも効果的です。

また、connpassも @connpass_jp というアカウントでお知らせや、登録されたイベント情報などをツイートしていますので、よろしければフォローのほど、よろしくお願いします!